株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 小額取引の為の基礎講座 > 株をはじめたいのだけれどいくらから買えるの?

小額取引の為の基礎講座

株をはじめたいのだけれどいくらから買えるの?

株式投資は始めたいけれど、いくらから買えるのか分からない…
と、感じている方も多いことと思います。ここでは株がいくらで買えるかをご説明します。

現在では本来の10分の1の価格で安く買える、
「ミニ株」と呼ばれている小額取引タイプのものがあります。

銘柄(株券)によっては、1万円から購入できるものまで存在しています。

例えば、オムロンという会社の銘柄がありますが、
通常の株の場合は、34万円というお金を払わなければ購入することはできません。

しかし、10分の1マジックを活用すれば、
3万4千円という値段で購入することができてしまうのですね。

誰でも気軽に小額で、憧れの会社のオーナーに簡単になれるということですね。

「ミニ株」は、これから株取引を始めたいという方には、
とても勉強になる教材の役割も果たしています。

株取引を行なうことに対して、不安感を感じておられる方は
本格的にチャレンジする前に活用してみてみるのも賢明な判断ですよ。

それでは、次に「単元株数」についてのご説明をさせて頂きます。
株価というのは一株の値段のことを指しています。

会社によって売り方は違ってきますので、
分りやすくご説明させて頂きます。

企業A):うちは、50株単位でなら渡してあげてもいいよ。
企業B):うちは、1000株単位でなら渡してあげてもいいよ。

A会社の株価は5000円だと設定します。
B会社の株価は500円だと設定します。

計算式はこのような形になります。

《株価×1単元=株式投資するのに必要な最低金額》

すると、A会社の銘柄(株券)を購入するのにかかるお金=25万円となります。
そして、B会社の銘柄(株券)を購入するのにかかるお金=50万円となります。

各証券会社によって異なりますが、
この金額以外に手数料がかかります。

株を購入する際には、1株単位、50株単位、100株単位、
500株単位、1000株単位などがあります。

「売買単位」とは、株を購入するための最低限の単位です。

各銘柄の株価単元は、Yahoo!ファイナンスなどで確認することができますので、
「ミニ株」に興味を持たれている方は、是非チェックされて下さいね。

ポイント1: 「ミニ株」ならば、1万円からでも会社のオーナーになれます。
ポイント2: 売買単位とは、株を購入するための最低限の単位です。
ポイント3: 単元株数は、Yahoo!ファイナンスでチェックすることができます。
小額取引の為の基礎講座

株式投資には興味があるけれど最初は少額からはじめたい。取引に慣れるまでは、少ない金額からはじめていくことも1つの方法です。10万円以下で取引できる銘柄もたくさんあります。