株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 株取引前の心構え > 安全に株式投資を行うためには自己責任を決断

株取引前の心構え

安全に株式投資を行うためには自己責任を決断

自分自身を信じてあげることができるようになれば、
初心者の方でも、株式投資で収益を上げていくことができます。

ここでは、株取引を始める前に、
必ず手に入れておく必要性がある、
「自己責任」について、詳しくご説明させて頂きますね。

少し厳しい視点が入ってしまいますが、
ご了承下さいますようお願い致します。

株式投資を始める前の最後のキーポイントは、
「自分の意思」で投資をするとしっかり認識するということです。

初心者の頃は、株式投資の一連の行動は何をすればよいか?
何をすれば稼げるようになっていくのか?
など、分からないことばかりですよね。

初心者の方が陥りやすい最大のミスは、
他人の意見に惑わされ振り回され、
信じてしまうことにあります。

分からないから自分より詳しい人の意見を聞いてしまうのです。

「雑誌の特集でこの銘柄は、必ず上がると言っていた」
「信頼できるアナリストの情報だから確かだ」

など、このような考えが実は、「投資の罠」の1つです。

例え相談したことによって、
その1回のトレード(投資)で利益を出すことができたとしても、
投資のチャンスは1回きりではありません。

迅速な行動を取らなくてはならない状況が多々あります。

もし、相手の言われるがままに投資をして失敗してしまったら、
誰が責任を取ってくれるでしょうか?

雑誌は責任を取ってくれるでしょうか?
証券マンなどは責任を取ってくれるでしょうか?

誰も取ってくれません。
「他人」は「他人」でしかないのです。

「あなた」を守れるのは「あなた」しかいないということですね。

大切なお金が飛び交う株式市場では、
「他人」は「他人」ということをしっかりと認識しましょう。

自己責任という「決断」をするということは、
株式投資で利益が出ても負けてしまっても他人のせいにせず、

「なぜ今回のトレードは上手くいったのか?」
「なぜ今回のトレードはダメだったのか?」

と、株式市場から学び自分自身を訓練していくということです。

この行為を繰り返し行っていくことによって
「依存思考」から「自立思考」へと変えていくことができます。

不安になって人の意見を求めてしまうのは=「分からないから」なのです。

しかし、証券マンもアナリストも、
何でも知っているように書いてある雑誌も、
すべての人間が分からないのです。

この投資の"本質"に気付けることができただけでも、
今後の投資人生を有利に進めていくことができますよ。

誰も、どの株がどの程度上がるなんて分からないのです。

株式投資に「絶対」なんて言葉はない!と知ることによって
少しずつ、"本質"を知るトレーダーへと生まれ変わっていくのですから。

ポイント1: 投資を行う際は、「自己責任を決断」して行うことを認識しましょう。
ポイント2: 聖杯を求める必要はなく、聖杯を生み出す投資家になればいい!
ポイント3: 自立思考の投資家だけが、結果を出すことができます。
株取引前の心構え

「株式投資」の面白さは、通常の仕事では考えられない利益を得られるところにあります。「ハイリスクハイリターン」が基本です。株取引はデメリットばかりではありません。株取引の仕組みを知って、自分なりに取引を楽しめるようになれば素敵ですね。