株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 株取引前の心構え > 株式投資でうまくいかないときは?株価は毎日変動する

株取引前の心構え

株式投資でうまくいかないときは?株価は毎日変動する

夜の後には朝が訪れます、大雨の後には綺麗な日差しが訪れるのです。
株価とは、一般的には株式市場における株式の価格のことを表しています。

ここでは、「あなた」が株式投資を始めた後に、
株価についてどのように考えていけばよいか、
簡単にご説明させて頂きますね。

日経平均株価やTOPIX、
個別の銘柄などの株価は毎日変動しています。

常に上がり続けている銘柄もなく、
下がり続けていく銘柄もないのです。

株式市場ではあまりにも急速な値動きの変動は、
投資家達の不測の損害を被ると考えられ、

1日に変動できる株価は一定の範囲に制限されています。

この制限を「値幅制限」といい、
株価が値幅制限の限界まで急騰・暴落することを、
それぞれストップ高・ストップ安といいます。

値幅制限が備わっているおかげで、
どれくらいの損失を被る可能性があるか?
というリスクを知っておくことができます。

どこまで株価が下がるか分からない状況では、
気持ちに余裕を持ちながら投資をすることは難しいですからね。

シストレばかも株式投資を始めたばかりの頃は、
毎日の値動きに一喜一憂してしまっていました。

これでは精神が休まる暇もなく疲れてしまっていたのです。

しかし、ある結論までたどり着くことができました。

毎日、上下動する株価に対して、
精神の安定を奪われてしまっていては勝てない。

株価の前で願っていても、
株式市場は誰に対しても平等に動いていきますので、
自分の思い通りに進むわけではない。

これが答えなのだから、「株価の特性=株価は毎日変動する」

この特性をしっかりと認識することによって、
自分の感情をコントロールしていこうと、
「決断」するようになりました。

株式投資は心理戦なのですね。
いかに自分の気持に余裕を持たせられるかということです。

毎日変動する株価に対して一喜一憂してしまっていては、
感情を支配されやすく良い結果を出していくことは難しいです。

今後、「あなた」が保有する銘柄には下がり続ける銘柄なんてありません。
上がり続けていく銘柄もないのです。

メリットとデメリットを兼ね備えた2つの視点から株式投資
考えることによって、投資スタイルは強固なものとなります。

下がり続けていく銘柄がないと知っていれば、
「逆張り」を仕掛ける際の心構えとして役立ちますし、

上がり続けていく銘柄がないと知っていれば、
「上昇トレンド」を掴む投資手法を使う際に役立ちます。

上質の「知識」はいずれ、
「あなた」の実践的な「知恵」となって、
生まれ変わりますので、 どんどん吸収されていかれて下さいね。

ポイント1: 上がり続ける銘柄もなく、下がり続ける銘柄もありません。
ポイント2: 1日内で株価の動く値動きの範囲は決まっています。
ポイント3: 毎日の株価の値動きに一喜一憂してはいけません。
株取引前の心構え

「株式投資」の面白さは、通常の仕事では考えられない利益を得られるところにあります。「ハイリスクハイリターン」が基本です。株取引はデメリットばかりではありません。株取引の仕組みを知って、自分なりに取引を楽しめるようになれば素敵ですね。