株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 株初心者の素朴な疑問 > 株デビューで考えられるデメリットは?

株初心者の素朴な疑問

株デビューで考えられるデメリットは?

表があれば必ず裏があるように、株式投資にもデメリットがあります。
「表裏一体」の株式投資の世界で、
押さえておきたいポイントをチェックしておきましょう。

株式投資では考えたくもない状況や、
出合いたくもない状況に出合ってしまうことが多々あります。

株式投資の勉強を重ねていく際には、
勉強するためだけの勉強にしてはいけませんよ。

「どのような行動を取ってしまうと負けてしまうのか?」
「どのように考えて学んでいけばいいのか?」

など、起こりえる事態を考えながら、
実践を意識して学んでいくのが一番GOODです。

自分自身の"問い"を答えへと変換していくのがオススメですね。

とは言っても、株初心者の段階の際には、
まだ分からないことばかりですよね。

株式投資で最もリスクを背負わなくてはならないのは、
「あなた」が買った銘柄 (会社の株)の効力がなくなったときです。

すなわち、投資した企業が倒産してしまったり、
企業が犯罪を犯しみるみる内に株価が下がってしまう、
状況に遭遇してしまったときなどになります。

「倒産」した場合は、投資したお金すべてを失います。

株式投資では不測の事態に出合う事も・・・

ですが、このような状況は、ある程度の知識で避けることができます。

株式投資で富を築く為には、基本をしっかり学び、
自分なりの"投資ルール"をつくり上げていくことによって、
不測の事態を避ける確率を上げていくことができます。

この行動をすることで、デメリットを軽減していくことができるのですね。

株式投資のデメリットを怖がってはいけませんよ。

誰にでも起こりえる事態ですので、
初心者の方だけに訪れる不安要素ではないのです。

株式投資を始めてみると、簡単ではないというところに気付いて、
その魅力にのめり込んでしまったりするものなのですね。

少しづつでも勉強していくことによって対処法などを見つけられますので、
ゆっくりと、投資勉強を進めていかれて下さいね。

ポイント1:投資をした企業が倒産すると、投入した資金は失います。
ポイント2: 株価変動など不測の事態に遭遇する場合も兼ね備えています。
ポイント3: 株のデメリットは、誰に対しても等しく降りかかります。
株初心者の素朴な疑問

「株式投資ってどのような金融商品なのだろう?」トレード(投資)にご興味を持ち始めたばかりの方は、「購入の仕方」、「株券の保管方法」、「税金対策」などわからないことばかりですよね。
このカテゴリーでは、「株」の素朴な疑問点について解説しています。