株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > ファンダメンタルズ分析 > 株価収益率 - PER(Price Earnings Ratio)

ファンダメンタルズ分析

株価収益率 - PER(Price Earnings Ratio)

PER(ピー・イーアール)とは、
株価収益率(かぶかしゅうえきりつ)といい、
現在の株価から、その買い物は「割高」か、「割安」かを図る指標です。

この指標の基本的な使い方を覚えることによって、
銘柄選択の際の参考にすることができます。

「PER(株価収益率)=株価÷一株あたり当期純利益」
という計算式で算出することができます。

では、例を挙げてみましょう。

「あなた」が購入を考えている企業の株価が1000円で、
1株あたりの利益が50円だと仮定しましょう。

すると、「1000÷50=20 PER=20倍」ということになります。
とてもシンプルに算出することができますよね。

この数字が高いと、「割高」、
低いと「割安」となります。

株式投資の世界では難しい理論や、
計算式などが数多くありますが、
すべて覚えていたら、頭がパンクしてしまいます (笑)

ですので、ぜんぶ覚えなければというスタンスでなくても
まったく問題ないです。
心配されないで下さいね。

PERは、現在の株価が一株あたりの純利益何倍まで、
買われているのかを見る指標です。

この数字を見ることによって、
「割高」、「割安」か、を見ることができるのですね。

ですが、投資に答えはありませんので、
このPERも株価の割安感を測る、
一つの目安程度に考えていた方がいいですね。

業種によって、PERの平均は大きく変化することもあるため、
この指標だけで投資判断をするのは危険です。

PERの数値が30倍から40倍近辺にあるなら適正だといわれています。
数値が15以下というのは望ましいとされていますね。

PERが低いという観点だけで選んでしまっても、
ダメということですね。

将来業績を上げていきそうな企業で、
PERが割安銘柄に投資していくのがベストです。

ポイント1: 現在の株価を、割安か割高かを計るために使用します。
ポイント2: 銘柄選択の際の判断基準として活用することができます。
ポイント3: あくまでの参考数値として考えることがベストです。
これだけは知っておきたい!ファンダメンタルズ分析

経済指標を駆使し、現在の株価が「割高」か「割安」かをリサーチするのが「ファンダメンタルズ分析」です。主に中長期トレードを考えられている投資家の方にピッタリの戦略ですね。この章では、ファンダメンタルズ分析を覚えられるよう解説しています。