株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > ファンダメンタルズ分析 > 個人投資家に限界を抱かせるファンダメンタルズ分析の課題点

ファンダメンタルズ分析

個人投資家に限界を抱かせるファンダメンタルズ分析の課題点

私達のような個人投資家は機関投資家や
ある一部の人間達よりも、
はるかに情報が遅く伝わってきます。

新鮮な情報を得ることができないということは、
"優位性"を持てないということに繋がります。

投資家も十人十色ですので、
様々な考え方がありますが、

シストレばかの考えの中では、
新鮮な情報が得ることができないということは、
結果を出すことは難しいということです。

例えば新聞記者ならその情報を、
私達より先に手に入れることができますし、

本当のお金持ちには本当のお金儲けの話が、
一般人よりもはるかに早いスピードで伝わってゆきます。

「ファンダメンタルズ分析」というのは、
個人レベルで行うというのは、
かなり厳しいものがあると感じています。

このような考えからシストレばかの、
トレードスタイルではあまり取り入れていません。

ただ、これは自分の性格から考えたスタイルなのです。

「ファンダメンタルズ分析」の考え方を理解し、
基本的な分析方法を学ぶことによって
購入しようとしている銘柄本来の、

価値を把握しておくことができれば
何も分からないという状態よりも効率的に株式投資ができます。

これは間違いありません。

株を学びながら自分には、
どのようなスタイルが合うのだろうか?

どのような売買手法が効果的なのだろうか?
などを考えながら学んでいくのがいいですね。

株式投資の著名人バフェットはROEを好み、
そして、この「ファンダメンタルズ分析」スタイルを好んでいます。

「あなた」が投資を学んでいけば必ず出会う名前でしょう。

メディアを賑わしている成長株や割安株は、
この「ファンダメンタルズ分析」によって行なうことができます。

言葉から察すると、するどい方は分かるかも知れませんが、
この分析法は、比較的、中・長期スタイルの売買になります。

成長株や、割安株狙い、
そして中・長期スタイルの銘柄選びを考えている方には、
この方法は重要な要素だということですね。

さぁ、次はあなたに下げ相場でも稼いで頂けるように、
信用取引の強化書」編となります。

ポイント1: 一部の人間よりも情報が、はるかに遅いスピードで届きます。
ポイント2: 個人レベルでの情報収集能力には、どうしても限界が訪れます。
ポイント3: 中長期売買を考える投資家の方には、最適な売買手法となります。
これだけは知っておきたい!ファンダメンタルズ分析

経済指標を駆使し、現在の株価が「割高」か「割安」かをリサーチするのが「ファンダメンタルズ分析」です。主に中長期トレードを考えられている投資家の方にピッタリの戦略ですね。この章では、ファンダメンタルズ分析を覚えられるよう解説しています。