株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 信用取引の強化書 > はじめての「信用取引」株式市場での制度信用銘柄が存在する意味

信用取引の強化書

はじめての「信用取引」株式市場での制度信用銘柄が存在する意味

現在上場しているほぼ全銘柄(上場会社数比99.9%)が制度信用銘柄です。
株式投資には、なぜ「信用取引」という制度があるのでしょうか。

「信用取引」という制度があるからこそ、
株式市場は動いているといっても過言ではありませんので、

ここでは、その信用取引の"本質"についてご説明させて頂きます。

株式市場では、「売り手」と「買い手」によって価格が形成されています。

市場での売り買いが少なければ、
「需要」と「供給」の原理が機能しませんので、
少しの売買注文などで価格が大きく上下動してしまうことが起こりえます。

このような事柄を避けるために、
「信用取引」を行う投資家を集うのです。 

「現物取引」では、お金と株券を毎回事にやり取りをしますが、
もう少し株式市場を円滑に進めていくために、

「すぐにお金は用意できないが、株を購入してみたい」
「悪材料が多い企業の株が下がりそうだから売っておきたい」

といったような、仮儒の投資家を集める方法を取ります。
「信用取引」ではお金や株式を借りて売買をすることができますので、

現在、資金が少ない人も株式市場に参加することが可能になります。
これが、「信用取引」という制度が生み出された"本質"です。 

「現物取引」と「信用取引」を行う投資家がいるからこそ、
株式市場がスムーズに進んでいくということですね。

真っ白な状態で「信用取引」の制度を活用するよりも、
基本的な概念などを取り入れておいた方が効果的です。

少しづつでも、新しい知識を習得されることを心掛けて下さいね。

信用取引が導入されている理由は「仮儒」から来ています。

ポイント1: 株式市場に厚みを持たせるために「信用取引」制度がつくられました。
ポイント2: 信用取引を行う投資家を集うことで仮儒を取り入れることができます。
ポイント3: 現金や株券を保有しない投資家にもチャンスが与えられています。
投資の海賊の必須条件「信用取引」

信用取引は、手持ち以上のお金を運用することができる魅力的な仕組みです。しっかりと信用取引の仕組みを理解してリスク管理を行えば、利益を得るチャンスを大きく広げることができる取引手法です。