株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 信用取引の強化書 > 信用取引の魅力と個人投資家が注意するべき取引開始基準

信用取引の強化書

信用取引の魅力と個人投資家が注意するべき取引開始基準

株価が下落時に利益が出せるので、投資チャンスが広がる信用取引。
どのような段階になったら現物取引だけではなく信用取引を使うべきでしょうか。

「信用取引」を効果的に活用することによって、
「あなた」には大きなメリットが手に入るようになります。

その1つが「 空売り 」(ショート)戦略を扱うことができるということです。

株式投資で利益を上げていくためには、
購入時よるも高くなった段階で売りぬかなければいけません。

ところが、「信用売り」では、売って買い戻すということができるようになります。
購入した時の株価よりも値下がりしている段階で買い戻すことで、

株価下降を利益として生まれ変わらせることが可能になります。
この「空売り」(ショート)を利用すれば、
株価下落局面もチャンスとなるのですね。

ただ、「信用取引」には、「現物取引」以上に、
細心の注意を払わなければならないのも事実です。

なぜなら、 「現物取引」では、投入した資金以上のリスクを負うことはないですが、
「信用取引」では、投入した資金以上のリスクを背負うことになります。

「信用売り」の制度自体は危険なものではないですが、
「損切り」、「資金管理」という分野を大切だと知っているだけではなく、

しっかりと、当初に予定したラインなどで損を切れる投資家の方には、
「信用売り」は、とても大きな取引形態になります。

「信用売り」に興味を持たれた方は、
まず始めに「現物取引」の売買に慣れてから、
始めた方が大切なお金を守る行動基準となりますよ。

この「信用取引」には、「信用売り」だけではない魅力もありますので、
詳しくは、次ページのレバレッジについてでご紹介させて頂きます。

ポイント1: 下降トレンドを利益に生まれ変わらせることが可能になります。
ポイント2: 損失は無限大。現物取引で経験した後の行動にした方が賢明です。
ポイント3: 「資金管理」の重要性を理解している投資家の方であればリスクは低い。
投資の海賊の必須条件「信用取引」

信用取引は、手持ち以上のお金を運用することができる魅力的な仕組みです。しっかりと信用取引の仕組みを理解してリスク管理を行えば、利益を得るチャンスを大きく広げることができる取引手法です。