株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 信用取引の強化書 > 少ない資金で大きな取引ができる「信用買い」と「信用売り」

信用取引の強化書

少ない資金で大きな取引ができる「信用買い」と「信用売り」

投資の財宝を掴む海賊(TRADE PIRATE)の手法。
「信用売り」でなければ、使いこなせない「投資の魔法」とは!?

「信用取引」には2種類の買い方があります。
それが「信用買い」と、「信用売り」です。

「信用買い」では、株券を購入する代金を証券会社から借り、
借りた売買手数料やコストは後に返済することとなります。

返済方法にも2つあり、その1つが「反対売買」です。
「反対売買」とは購入した株券を売ることです。

「信用買い」の返済方法の多くは、この「反対売買」になります。

もう1つが「現引き」と言い購入しておいた株の現物を、
後に代金を支払って引き取る方法をいいます。

「信用買い」とは、つまり株券を購入するだけですので、
「現物買い」となんら変わりませんが。
(※ 次ページで違う利点を後述しています)

「現物取引」では、できない「投資の魔法」があります。
それこそ、「信用売り」です。

この仕組みを活用することによって、
自分が持っていない株券を売りに出すことができるのです。

証券用語では、「空売り」や、「ショート」と呼ばれていますので、
「あなた」が馴染みやすい言葉を使用するのがいいですね。

こちらも、「反対売買」での決算が一般的です。

まずは、「信用取引」には、
「信用買い」と「信用売り」という制度がある、
ということを知っているだけでも、

経験を積んだ後の投資スタイルに反映していきますので、
株は買うだけではなく売ることもできるという点を押さえておいて下さいね。

ポイント1: 「信用取引」なら、持っていない株券を売ることができます。
ポイント2: 「信用売り」でしか、空売りをすることはできません。
ポイント3: 返済方法は、「反対売買」が一般的です。
投資の海賊の必須条件「信用取引」

信用取引は、手持ち以上のお金を運用することができる魅力的な仕組みです。しっかりと信用取引の仕組みを理解してリスク管理を行えば、利益を得るチャンスを大きく広げることができる取引手法です。