株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 信用取引の強化書 > 投資で億万長者を目指すなら3倍速の信用取引でレバレッジ戦略

信用取引の強化書

投資で億万長者を目指すなら3倍速の信用取引でレバレッジ戦略

投資での利益を最高3倍速に伸ばすためにレバレッジを効かせる。
資金効率が良く最短で稼いでいける特別な手法が信用取引の優位性です。

「信用取引」の特徴は、「信用売り」ができるということだけではなく、
もう1つの大きなメリットがあります。

それが、レバレッジを効かせられるという点です。  

信用取引では、株券などを購入する前に「担保」を差し入れることになります。
この「担保」を、「委託保証金率」と呼びます。

信用取引で売買をする為には、
取引額に応じた委託保証金率が必要になります。
委託保証金率は、多くの証券会社では約30%程度です。

100万円分の取引をするためには、30%あればいいということになります。
つまり、30万円あれば、100万円分の取引が可能になるということですね。

これが、信用取引の最大の魅力といっても過言ではありません。
なぜなら、資金量の少ない投資家の方でもチャレンジすることができるのですから。

しかし、信用取引では約3倍の取引をできることが大きな特徴ですが、
反対の言葉で描くと約3倍ものダメージを受ける可能性があるとも言えます。

大切な部分ですので何度も書かせて頂いているのですが、
信用取引の制度自体は危険なものではありません。

もちろん、3倍速を使うからダメだということでもないのですよ。

例えば、30万円を委託保証金にした場合、
最高で100万円分の取引をすることができますが、

常に100万円分の取引をしなければならないということでもありません。

リスクコントロールは投資家事によって決めることができますので、
信用取引を始めたばかりの段階では、

レバレッジを効かせすぎないということも大切な行動基準の1つです。

ポイント1: 実態以上の取引を行うことをレバレッジを効かせるなどといいます。
ポイント2: 信用取引では最高3倍のレバレッジを使うことができます。
ポイント3: 投資家事の判断で、リスクコントロールすることが可能です。
投資の海賊の必須条件「信用取引」

信用取引は、手持ち以上のお金を運用することができる魅力的な仕組みです。しっかりと信用取引の仕組みを理解してリスク管理を行えば、利益を得るチャンスを大きく広げることができる取引手法です。