株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 信用取引の強化書 > 稼げない理由は信用取引を使えないから?一般に広がる信用取引の誤解

信用取引の強化書

稼げない理由は信用取引を使えないから?一般に広がる信用取引の誤解

正しいリスクを習得して行えば信用取引は決して危険な行動基準ではありません。
あなたが株価の変動に悩まされないように、信用取引について詳しくご説明致します。

信用取引は危ない、信用取引は株式投資で破産するために必ず通る、
など一般的には怪しいような捉え方で思われている面があります。

ですが、信用取引自体が危険なものではなく、
悲劇にしてしまう要因はいくつかに限られているのです。

例えば、レバレッジをかけながら「1銘柄に集中投資」をするようでは、
その1銘柄にすべてのリスクを投入していることになりますので、

確率の世界で生きていく投資家の賢明な判断とは言えません。

また、損は小さな内に切るという行動が取れる投資家の方であれば、
信用取引は決して特殊なものではないではないのです。

「信用売り」を使いこなせるようになれば、
「あなた」は、株価下降局面も楽しむことができる投資家になれるのですから。

何事も、すぐに頂上を目指すのは疲れてしまいますが、
1歩ずつでも投資に対する世界感を広げられるように努力すれば、

きっと、 信用取引に対する誤解が解けることと思います。

相場には、正しい局面が常に存在している・・・
では、その状況の時の正しい局面が売りだったら!?

2種類の魔法を使いこなすことができる「あなた」であれば、
相場で生き残り、稼ぎやすくなることが明瞭ですよね。

ここまで良いことばかり書いてきましたが、
リスクは、「現物取引」以上にあることは事実ですので、

信用取引を行う際は、制度に対する勉強の習得と同時に、

「損切り」、「資金管理」 という、一連の基本売買行動を大切に考えられて下さいね。

上記の2種類のパーツの精度を高めることのできる投資家の方なら、
大きな損失を出してしまう可能性は低いです。

さぁ、これで信用取引の強化書編は終了です。お疲れさまでした。
次は、最短で稼ぐために必要な「投資システム開発・運用」編となります。

ポイント1: 制度自体は危なくはない!勉強不足のまま、行う投資家が危険なだけ。
ポイント2: 損切りと資金管理を重視する投資家だけが株価の下降局面も楽しめる!
ポイント3: 損切りを1番の優先事項として捉えて下さいね。
投資の海賊の必須条件「信用取引」

信用取引は、手持ち以上のお金を運用することができる魅力的な仕組みです。しっかりと信用取引の仕組みを理解してリスク管理を行えば、利益を得るチャンスを大きく広げることができる取引手法です。