株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > トレードスタイルの選定 > 短期投資か長期投資か?期間によるトレードスタイルの違い

トレードスタイルの選定

短期投資か長期投資か?期間によるトレードスタイルの違い

期間から考えたトレードスタイルを選ぶコツは、職業にある!?
自分にピッタリ合った「時間設定」をするヒント。

期間によるトレード(投資)の違いを学び、
投資スタイルを考えるということは、
今後の投資人生の中でとても大きな決断になります。

「どのような期間が自分には合っているのか?」
「どの投資スタイルなら安心して使いこなすことができるのか?」

など、様々な事柄を頭に入れて選ぶことが、
重要となります。

ここでは期間が変わると、
どのようにトレード(投資)スタイルが、
変化するのかということをご説明させて頂きます。

投資期間による売買手法を大きく分けると2つです。

1つ目が「短期投資」です。
2つ目「長期投資」となります。

投資家や各証券会社などによっても異ってくるのですが、
その他には中期投資という考え方もあります。

期間という概念は、人それぞれ変わってきますので、
1日が短期だという方もいれば、
1年でも短いと考える投資家の方もいるからです。

「短期投資」にも「長期投資」にも、
同じようにメリットとデメリットがあります。

そして、投資家も十人十色ですから、
人それぞれの選択基準があります。

例えば、日中サラリーマンとして働いている方は、
昼間に時間をつくることは難しいですので、
仕事から考えると「長期投資」が向いています。

しかし、性格から考えると、
短期投資に向いているかも知れません。

ここの選び方がとても難しいのですね。

もし、短期投資に向いていたとしても、
時間がつくれなければ仕事の合間に行うなんてことでは、
集中できませんのでトレードは厳しくなってきます。

大切なのは自分が落ち着いて、
株式投資にチャレンジできるのは、

期間から考えた場合にどちらになるのか?
ということになるのですね。

両者の特徴を知っていれば、
自分にピッタリ合わない選択をする必要がありませんよ。

ポイント1: 投資スタイルは大別すると、 「短期投資」と「長期投資」になります。
ポイント2: 職業から考えることが、最適な選択方法になります。
ポイント3: 時間的な概念からでは、ビジネスマンは長期投資が合っています。
トレードスタイルの選定

株式投資には様々なアプローチが手法がありますが投資スタイルは選ぶ1つの手段に他なりません。トレードの期間・種類・手法による複数の戦略を知り自分にピッタリの投資スタイルを固めます。