株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > トレードスタイルの選定 > 裁量トレード(感覚・感情重視)戦略のメリット・デメリット

トレードスタイルの選定

裁量トレード(感覚・感情重視)戦略のメリット・デメリット

強靭な精神力や相場の経験に裏付けされてこその裁量トレード。
自分自身の選択に迷うようになってしまったときは黄信号です…

裁量トレーダーとして富を築くことができる投資家には2つの理由があります。

それは、しっかりとした「リスク管理」ができること。
もう1つは、「自分の感情に勝てる投資家」だけなのです。

裁量トレーダーの最大のメリットは、
自分自身を信頼し、感覚を最大の武器として勝負していきますので、
誰もが簡単にマネできるものではないという点が挙げられます。

自分だけの投資スタイルで勝負している姿が魅力的なのですね。

ただ、裁量トレードの最大のデメリットは、
負けが続いているときも自分自身の手法を信じ続ける、
強固な精神力を必要することです。

文章として表すのはとても簡単なのですが、
実際に負けるということは大切なお金が減っていくということです。

株式投資では連戦連勝することが難しい勝負ですので、
10回勝負したら半分以上続けて負けることもあります。

そのような際には、感情に負けない強い精神力がない限り、
裁量トレーダーとして成功することは難しいのですね。

ネガティブな気持ちに打ち勝つ方法があるとすれば、
それはしっかりと勉強し、知恵として経験を多く積んだ投資家だけが、

裁量トレーダーとして稼げると私は考えています。

メリットとデメリットを知ることによって、
「あなた」はどちらの手法が自分に合っているか比較することができます。

ポイント1: 自分だけしか扱うことのできない投資スタイルが魅力的です。
ポイント2: 負けが連続して続いた際にも自分自身を信じ続けることが重要です。
ポイント3: 株式投資を始めたばかりの段階では、難しい手法でもあります。
トレードスタイルの選定

株式投資には様々なアプローチが手法がありますが投資スタイルは選ぶ1つの手段に他なりません。トレードの期間・種類・手法による複数の戦略を知り自分にピッタリの投資スタイルを固めます。