株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > トレードスタイルの選定 > 1日内で手仕舞うことを目的としたデイトレーダーとは?

トレードスタイルの選定

1日内で手仕舞うことを目的としたデイトレーダーとは?

市場が終わる時には「買いポジション」も「売りポジション」も持たない取引形態。
デイトレーダーには「瞬間」を読み解く力が必須です。

短期投資の最大の魅力は加速度的に、
利益を積み上げていくことが可能だということが挙げられます。

その中でも一番はやいスピードで走っているのがデイトレーダーです。

短期売買の投資手法の中には当日の売買を基本とする彼等と、
より細かい利幅を狙う「スキャルピング」を行う投資家達が存在しています。

どちらも当日の売買を基本として1日に複数回の取引を行っています。
細かく利益を積み重ねながら、大きな利益に変換しているのですね。

デイトレードは、中長期売買よりも依存性やゲーム性が非常に強いので、
コンスタントに利益を上げ続ける為には訓練の時間を必要とします。

デイトレードに対して私自身が感じる1番のメリットは、
「資金効率」がよいという部分ですね。

「資金力」が少ない投資家の方には、
短期売買が最適な投資スタイルと感じているのですが、

「1秒先の相場の流れを読む経験・センス」が必要となってきますので、
投資の度に、精神的な疲労が溜まります。とにかく疲れます(笑)

「裁量トレード」(感覚重視)で、短期売買を繰り返すことは
思った以上に体力も消耗してしまうものなのですね。

さらに、デイトレーダーの多くは新興市場などの値動きが激しい世界で
勝負を繰り広げていますが、彼等はその値動きの激しい新興市場でも
結果を残しているのです。この部分をとても尊敬しています。

ポイント1:当日内で「買いポジション」も「売りポジション」も持たない取引形態。
ポイント2: 少ない利幅をコツコツと貯めて大きな利益に生まれ変わらせます。
ポイント3: 専業トレーダーになるには訓練と時間を必要とします。
トレードスタイルの選定

株式投資には様々なアプローチが手法がありますが投資スタイルは選ぶ1つの手段に他なりません。トレードの期間・種類・手法による複数の戦略を知り自分にピッタリの投資スタイルを固めます。