株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 初心者投資家実践編 > 株式投資は50%の確率の世界。生き残る「投資家思考」

初心者投資家実践編

株式投資は50%の確率の世界。生き残る「投資家思考」

相場は上がるか下がるかのどちらか2つしかありません。
負けることを知っているトレーダーだけが、富を築いていくことができます。

この確率は50%です。

ということは適当に買っても半分の確率で上がるということです。
10回勝負すれば半分は勝てる可能性があるということですね。

株式投資で富を得るためには、
負け分よりも勝ち分を大きくするだけなのです。
この繰り返しの中で、利益を出していけばいいのですね。

こう考えてみると、とても簡単です。
初心者が勝負しようが半分の確率で勝てる要素を持った戦いなのですから。
反対の言葉で書くと、負ける要素を持った戦いでもあります。

投資の世界に参戦した投資家の90%は1年〜2年の間に、
投資資金の全部を失い撤退してゆきます。

株式市場から去っていった投資家に当てはめてみると単純な答えがでてきます。

それは、勝ち分よりも負け分の方が多くなってしまったということだけなのです。

このWebサイトでは、大切なことですので何度も書いていますが、
投資の世界に100%は絶対ないということをご説明させて頂いています。

これから投資を行なう際にも絶対上がる、
絶対下がるということはないのですね。

株式市場は確率の世界だと認識することが、「大原則」です。

この基本さえ認識することができれば、
上がるも下がるも半分の確率なのだからと、
安易な気持ちで、大きな掛け金などで勝負をすることがなくなります。

すると、大きな負けにつながることはなくなりますね。
ということは、「あなた」は投資の世界で生き残れるということに繋がります。

私自信、投資を始めた頃は、
自分だけは大丈夫だろうという意味の分からない自信に溢れていました (笑)
安易な気持ちを持って初めていたのですね。

しかし、株式市場は、私だけを特別に扱ってくれるわけでもなかったのです。

この、「投資の世界は確率の世界」という大事な基本を身に付けることによって、
「あなた」が株式市場で生き残れるかどうかということに直結します。

株式市場は誰に対しても平等ということを、しっかりと身に付けてくださいね。

ポイント1: 株式市場は確率の世界だと認識することで、実践的な感覚を養えます。
ポイント2: 勝ったり負けたりを繰り返しながら、利益を出せばいい。
ポイント3: ありとあらゆる仕掛け戦略でもランダムエントリーになかなか勝てません。
初心者投資家実践編

株式投資にはリスクはつきものです。しかし、基本を忠実に守り投資家としての自分と向き合いながら投資システムを磨いていくことができれば、株式投資は新しい収入源になります。