株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 初心者投資家実践編 > 処分すると損失が出るため売るに売れなくなってしまう塩漬け株

初心者投資家実践編

処分すると損失が出るため売るに売れなくなってしまう塩漬け株

淡い期待感に夢を馳せるよりも実践的な視点を兼ね備えることがキーポイント。
「塩漬け株」を作らないようにすれば大きな失敗の多くは避けられます。

「あなた」が負けたと感じるレベルまで、持ち続けてはいけない。

「塩漬け株」とは、保有している銘柄の株価が、
"怖い"と思えるレベルまで下がってしまい、
持ち株を売るに売れない状態のことを指します。

株価は毎日変動しているため、いつか上がるだろうという期待感から
塩漬けにしてしまう投資家の方が多いのですね。

ここのページはとても大切ですので強く書かせて頂きますね。

塩漬け株を選択してしまう投資家は稼ぐことができません。
この投資手法は"一時しのぎ"の投資スタイルでしかないのです。

運良く株価が戻ればいいですが、
損失をより拡大させる可能性の方が高いです。

塩漬けにしている間は、例えよりよい投資チャンスを見つけたとしても、
勝負を仕掛けることができなくなってしまいます。

これでは、株式投資を楽しむことなんてできませんよね。

"いつか"株価が自分の期待値まで戻ると、
淡い期待感に心を持っていくよりも、
実践的な視点を持って株式投資を行なう方がいいですね。

"いつか"と"お化け"は出た試しがありませんから。

塩漬け株にしない大切なポイントは"怖い"と感じるレベルまで持たないことです。
「損切り」さえ行っていれば、塩漬け株にも出合う可能性は低いです。

大きな負けを経験しないような投資スタイルに、育て上げて下さいね。

ポイント1: 小さな損失の内に切ることで、塩漬け株にする可能性は低くできます。
ポイント2: 損切りが精神的に行いにくいという方は、逆指値を活用して下さい。
ポイント3: 下がった銘柄に時間をかけるよりも、それ以上にいい銘柄があります。
初心者投資家実践編

株式投資にはリスクはつきものです。しかし、基本を忠実に守り投資家としての自分と向き合いながら投資システムを磨いていくことができれば、株式投資は新しい収入源になります。