株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 初心者投資家実践編 > トレードの正しい行動基準は瞬時に「判断」し「行動」すること

初心者投資家実践編

トレードの正しい行動基準は瞬時に「判断」し「行動」すること

動物の世界でも、チーターに追われた小動物は生きる為に全速力で走り抜けます。

彼等よりはやく動かないと生きていけないのですね。
動物の世界も、ビジネスの世界も、
もちろん株式投資の世界もスピードが命です。

株式投資を数多く経験してくると、
思いがけない方向に株価が進んでいくというのは当たり前になってきます。

残念ながら、すべてが自分の思う通りにいくわけではないのですね。

その際に何よりも大切な行動の1つとは、
瞬時に意思決定をし、実行に移すことです。

私も株初心者の段階の際には、
一度落ちてしまった株価が元に戻るまで
待っていようと考えていた時期もありました。

ですが、待っている間というのは、
その他に絶好のトレードチャンスがあったとしても
仕掛けることができませんし、

株価はたった一人の投資家の願いを反映しないのです。

多くの投資家の力が合わさり株価は上下動しますので、
自分一人だけに有利な未来を創造するのはとても危険だといえます。

「利食い」の瞬間も、「損切り」の瞬間も、
すべてはタイミングで大きさが変わってきます。  

瞬時に「判断」し「行動」するには、
貯めてきた知識や実践的な経験によって、
生まれる知恵がなければ正しい選択を取ることはできません。

株初心者の方が"学び"を得る際に大切なことは、

「株式投資では何をしてはいけないのか?」
「どのように考え、行動してけば株初心者でも稼ぐことができるのか?」

と、勉強の際に自問自答を繰り返すことが何より大切なのですね。

本気で勉強を重ねていきさえすれば、
誰もが株式投資では勝てるのですから。

トレードの際に考えることは悩みになってしまいますが、
トレードの前に考えることは悩みではありません。"問い"なのです。

投資スタイルをより精度の高いシステムにするためには、
勉強あるのみです。そこから自分自身でヒントを得て、トレードに反映させてください。

我々のような投資家が助けてくれと言っても誰も助けてはくれません。
助けてくれない状況に出合うのですから、万全な準備をしていきたいですね。

ポイント1: 短期売買になればなる程、俊敏な意思決定が結果として反映します。
ポイント2: 長期売買の方が、迅速な行動を取る機会は少ないです。
ポイント3: 損を小さな内で切る習慣を身につければ感情の囁きにも負けない!?
初心者投資家実践編

株式投資にはリスクはつきものです。しかし、基本を忠実に守り投資家としての自分と向き合いながら投資システムを磨いていくことができれば、株式投資は新しい収入源になります。