株式投資」に関する素朴な疑問から取引のポイントなど、株デビュー前にチェックしよう!!

初心者の為の株式投資.com > 初心者投資家実践編 > 1勝9敗でも勝てる理由。投資の天才達は勝率にこだわらない

初心者投資家実践編

1勝9敗でも勝てる理由。投資の天才達は勝率にこだわらない

今後、「あなた」が株式投資を行う際に、勝率という存在は無視して頂いて構いません。
10回勝負を仕掛けて10回とも勝利で終わる投資家なんていない、
トレードの中で、1番意味のない確率は、「勝率」です。

株初心者の段階の時には、投資を行う度に勝とうとしてしまいますが、
株式投資は確率の世界ですので、
100発100中の投資法というのはありません。

もし、このような投資家の方がいるならば、
失敗してしまったトレードを塩漬けにしたまま放置しているか、

よほど小さな利幅で利食いをしているかのどちらかを選択しています。

その奇跡の投資法を、営利目的に使いたいという誇大広告という考え方もあります。

株式投資ではそもそも連戦連勝する必要はなく、
例えば、1勝9敗でも稼いでいる投資家の方もいます。

この数値なら勝率は10%ですね。
では、なぜ10%の勝率でも稼ぐことができるのでしょうか?

それは、1勝分の利益が9敗分の損失額を上回っているからです。  

では、実践的な例を挙げてご紹介させて頂きますね。
1勝(50万円の利食い)、9敗(一回ごとの損失を5万円以内に抑えた)

計算式に直すと、50万−45万=5万円というプラスの数字となります。

株式投資はとても単純です。投資の勉強や"学び"、
そしてなによりもの"本質"を習得されてこなかった方は、

1円たりとも一回のトレードで損をしたくないという
感情が強くなり、思いがけない方向に株価が進んでも損切りする勇気を持てません。

損切りの1番の役目は、それ以上に損失を増やさないことにありますので、
損切りを実行しなければ大きな損失となってしまいます。

ということは、株初心者の方が勝率にこだわってしまうと、
損切りという株式投資の中で1番重要な部分を疎かにしてしまう可能性があるのです。

株式投資の世界で1番軽視していい存在が「勝率」です。
「あなた」が投資システムをつくる際にはこの数字は無視してください。

大切な部分ですので何度も書きますが、1勝9敗でも、
2勝8敗でも 「あなた」は、株式投資で勝てる!
ということだけは押さえておいて下さいね。

さぁ、この記事でTRADE-PIRATEが伝えたかったことは終わりました。
後はあなたが有効な投資システムを開発し運用していくだけです。

あなたの輝く未来を生み出すお手伝いができていれば幸いです。

ポイント1: 株式投資の世界で1番軽視していい確率が「勝率」です。
ポイント2: 勝率という存在だけでは、決して勝ちには繋がりません。
ポイント3: 1勝9敗でも稼ぐ投資家になれることに気付こう。
初心者投資家実践編

株式投資にはリスクはつきものです。しかし、基本を忠実に守り投資家としての自分と向き合いながら投資システムを磨いていくことができれば、株式投資は新しい収入源になります。